トップページ > どんなものが高く売れるのか?

どんなものが高く売れるのか?

DVDを買取ってもらう際、どんなものが高く売れるのかと言うと、やはりきれいで新品同様のものでしょう。また、出来るだけ発売されたばかりのものと言うことになります。やはり、発売から1年以内の新しいものの方が高額査定となっています。例え古いものでも、希少価値があるものは高い値が付きます。基本的には、需要が多く供給の少ないものが高値になりやすいということになります。

多少はそのときの流行にも左右されることがあります。例えば、今公開中の話題映画があれば、その映画で主演の俳優が出演している他の映画のDVDが結構高く買取ってもらえる可能性があるかも知れません。また、人気の俳優や映画監督が亡くなった場合、その人に関連した映画のDVDに高い値が付くかもしれません。最近の映画、芸能界の話題、人気の傾向にも注意しておくことでしょう。

倫理協会認定のないアダルトDVD(法律違反のもの)、輸入もの、雑誌付録のDVD、海賊版などは、例え希少価値のあるものでも買取ってもらえません。企業内での研修のためのものや、企業、官公庁などで内部の人向けに製作されたものなども、例え希少価値があるとはいえ、買取ってもらうのは難しいですし、場合によっては、機密漏洩で法的に処罰される恐れがあります。

出張買取サービスを利用する場合、梱包がまずいと運送中に傷んでしまって届いた後の検品で査定が下がってしまうことがあります。ダンボールにきちんとつめ、隙間には新聞紙をつめるなど、搬送中にDVDが損傷しないように配慮しなければいけません。

関連エントリー
不要DVDの処分法は?
ネットオークションで売る
DVDの買取を行なうには
知っておいたほうが良いこと
買取サイトを運営するには
買取サイトの開設
効率よく売るには
買取業者の選び方
出来るだけ高く売るために
どんなものが高く売れるのか?