トップページ > 不要DVDの処分法は?

不要DVDの処分法は?

今やDVDの時代。DVDも、本棚に次から次と数が増え続けている、という人も多いでしょう。スペースも限られることだし、既に見なくなったDVDがあれば、思い切って処分するのも良いかもしれませんね。でも、どうすれば処分できるのでしょう?ゴミとして捨ててしまうのはもったいないですね。昔からの方法としては、やはり業者に引き取ってもらうことでしょう。

街中には、古本屋同様、中古ビデオ・DVDのショップがありますし、リサイクルショップもあります。こうしたところに自分で持ち込んで、買取ってもらいます。勿論、あまり古いDVDや人気の無いものだと、高い価格で買取ってもらうのは期待できません。

価格はある程度店の人と交渉してみましょう。近くに何軒か買取の店があるなら、複数の店を回り、買取価格の相場を調べ、一番高く買取ってもらえる店で買取ってもらうと良いでしょう。

これ以外に自分で売るのならバザーを利用する方法もあります。最近は、不用品を処分するためのバザーがあちこちで開催されています。古着バザー、ガラクタ市などですね。町内会の案内や地元の広報誌などを見れば、こうしたバザーの情報も見つけられます。

バザーの主催者に連絡し、出店させてもらうのです。たいていは、出店料などもかかりません。価格は自分で好きな価格をつけることが出来ますが、ある程度、その場で購入希望者と交渉することになるでしょう。少し高めの価格をつけ、値引きしますよ、と声かけするなど、少しばかり売るのに工夫してみることです。

関連エントリー
不要DVDの処分法は?
ネットオークションで売る
DVDの買取を行なうには
知っておいたほうが良いこと
買取サイトを運営するには
買取サイトの開設
効率よく売るには
買取業者の選び方
出来るだけ高く売るために
どんなものが高く売れるのか?